食事制限をメインにしたダイエットは長続きしないという人にお勧めな方法が、簡単にできる脂肪燃焼スープを食事に取り入れることです。脂肪燃焼スープの始まりは、海外の病院で開発されたダイエット用のレシピです。肥満体型の人が、食事療法を行う時に使うためのものです。実際に医療現場において、脂肪燃焼スープを利用した方法で、ダイエットの効果が出ているのです。脂肪燃焼スープを日々の食事取り入れることで、効率的なダイエットをすることができます。キャベツやニンジン、タマネギなどの野菜を小さめに切って、鍋に入れます。トマト缶やざく切りにしたトマトを入れてひたひたになるまで水を足してしばらく煮込みます。材料の入手も簡単ですし、テクニックや時間も必要のない、とても手軽な料理です。ダイエットに脂肪燃焼スープを用いるという場合は、食べるものは脂肪燃焼スープだけに限定します。様々な具が入った食べごたえのあるスープを食べることができますので、ダイエット中は空腹感に悩まされずに済みます。まずは1週間程度、このスープを飲み続けると体重が減り始めて、体脂肪も同時に落ちる場合もあります。お腹が減ってつらくなると、ダイエットを続ける意欲が低下しがちですが、脂肪燃焼スープダイエットならストレスフリーで継続できます。自炊の習慣がない人でも、脂肪燃焼スープなら簡単なレシピでつくることができますので、継続しやすいでしょう。脂肪燃焼スープの味は、基本はトマトベースの塩コショウですが、カレー粉などを加えたり、醤油味に変えてみても問題ありません。